小顔矯正の様々な方法を確認しよう|鼻中隔延長術

女の人

作用と副作用

笑顔の人

ボトックス注射とはどのような治療なのでしょう。この治療は投薬による治療です。ボツリヌス菌という毒素から生み出された薬剤を用いるのです。顔の筋肉に対してこの薬剤が働きかけ、小顔へと導きます。顔のエラを矯正したいとお考えの方にほとんど共通している点として、顔の筋肉が強いという点があります。ボトックス注射は、顔の筋肉を和らげることで小顔効果をもたらすものなのです。ボトックス注射は小顔の矯正のみならず、ふくらはぎなど身体の別の部位にも用いられます。

ボトックス注射をお顔のエラに打つことで、逆に噛む力が弱まってしまわないかと不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。その点については、心配不要です。人間は日常生活で行なう食事に関して、実は本来の半分ほどの咬筋力も使用していないのです。かつ、ものを噛む場合には咬筋以外にも様々な筋肉が働きます。従って、ボトックス注射でものを噛めなくなるほど筋力が落ちるという状況にはならないのです。

ボトックス注射には、エラの除去や部分的な痩身以外にも様々な効果があります。その中でも特に有効な効果として期待できるのは表情ジワです。表情ジワとは、大きく笑ったりすることで表情に刻まれるシワのことを指します。通常、シワは加齢とともに引き起こされるイメージですが、表情ジワに加齢は関係ないことが多いです。通常であれば一時的なもので収まる表情ジワですが、繰り返し刻まれることでシワが顕在化することもあるのです。シワに対して有効な治療として用いられるのはヒアルロン酸注入ですが、この表情ジワにはヒアルロン酸注入が効果を発揮しないようなのです。この困った状況を打破できるのがボトックス注射なのです。ボトックス注射の利用によって、表情ジワも抑えることができます。筋肉を弛緩させる効果により、気になる表情ジワを除去してくれるのです。ボトックス注射の利点として、切開の施術と比較して術後のダウンタイムがかなり短いという点が挙げられます。また、切開の施術と比較して費用を抑えた小顔矯正が可能となっています。効果の表出もゆっくりとしたものなので、周囲に違和感を与えづらいというのも特徴です。一方で、矯正の効果は半永久的ではないという点も特徴です。効果を持続させたい場合は定期的に注射を行なうことになります。また、場合によっては腫れが出ることもあります。作用と副作用を把握し、小顔矯正の方法として取り入れていきましょう。